20代後半~30代にかけては角質ケアを重点的に!

10代、20代前半の毛穴詰まりの多くは皮脂が原因です。しかし20代後半~30代にかけては角質が毛穴を詰まらせる原因となります。皮脂分泌量も安定してきて、逆に肌の乾燥が目立つ年代になると角質を生まれ変わらせるターンオーバーといったサイクルが遅れてきます。正常に角質が交換されてこないと古い角質は表面に残り、ザラザラ、ゴワゴワといった肌感触になってしまいます。

またこの古い角質は毛穴に詰まり皮脂と混ざり合うことで角栓ができてしまいますので注意が必要。角栓ができ、空気に触れると角栓は酸化して固まり、黒ずんできます。これが黒ずみ毛穴の仕組みでもありますので肌のザラつき、ゴワつきが気になっている場合は角質が溜まっている証拠です。スキンケアで古い角質を除去していきましょう。

角質による毛穴詰まりを防ぐ方法

基本は洗顔で角質ケア 洗顔で皮脂&角質を徹底洗浄!

角質を洗い流すにはやはり洗顔が重要です。特にミネラル成分が豊富に配合されているクレイ洗顔であれば肌の新陳代謝を活性化してターンオーバーの促進にもなります。同時にクレイが毛穴の奥の角質まで絡めとってキレイな毛穴を作ってくれますよ☆彡


化粧水で角質を和らげる 柔軟化粧水で角質ケア!

古い角質が残っているとどうしても肌はゴワつきやザラつきがあります。洗顔後のケアには柔軟化粧水を活用して水分と潤いを届けてあげましょう。角質を和らげて剥がれやすくしてくれます。化粧水だけでは不十分な場合は保湿液を活用してよりお肌に潤いを与えてあげると調子もよくなります。


ターンオーバーの修復も大切 時にはピーリングを行いターンオーバーを修復!

洗顔、化粧水、保湿とやってもザラつき、ゴワつきが気になる場合は頑固な角質が残っています。ピーリングコスメを使って角質ケアを行うようにしましょう。毎日やる必要はなく、週に1回、月に2回から3回程度で十分です。刺激に弱い場合はジェルやクリームタイプが低刺激でお勧めですよ☆彡

ピーリングはターンオーバーを促進させる優れたスキンケア。刺激が強いと敬遠している方もいますが、ジェルやクリームタイプで水と一緒に洗い流せるタイプは非常に低刺激で敏感肌の方でも使いやすいです。ピーリング後は肌も過敏になるので保湿してバリアを張ってあげると外部からの刺激をしっかりと守ることができます。

 毛穴つまり解消の洗顔特集へ戻る